源泉徴収票を提出するまでのキャッシングはプロミスでは厳禁

消費者金融には総量規制があり、その制限内であることを確認するために収入を証明しなくてはならないタイミングがあります。
年収の3分の1が借り入れの上限となることはもうお分かりいただけたでしょう。
もちろん年収の3分の1がそのままプロミスからの借り入れ上限となるわけではなく、さらに審査が行われきまる個別の融資限度額になります。
プロミスへの借入希望額が50万円以上、もしくはプロミスへの借入希望金額と現在の他社からの借入残高を合計して100万円以上となったときに収入証明書類が必要になります。
これはプロミスに限ったことではなく貸金業ならどこでも同じことです。
しかし収入証明書類の提出を求められるようなことがあればそれはもう借り過ぎだと考えましょう。
消費者金融から借り入れをする金額を超えています。
金利が高い消費者金融では簡単に大口融資にしていくことはできません。
少額キャッシングの短期返済を消費者金融の使い方としなくてはなりませんので、収入証明書類が必要になればそれはもう借り過ぎであるということです。
それほど借り入れ金額が大きくなれば消費者金融ではなく銀行を考えていきましょう。
融資限度額によって金利が下がる低金利の銀行が大口融資には向いています。
消費者金融から収入証明書類を求められたときを一つの目安としておきましょう。
収入証明書類を提出しなくてはならないということは消費者金融から借り入れをする適切な金額を過ぎてしまった、その目安です。